一般社団法人
日本ベリーダンス連盟

コラム
2023.12.3

セクシー田中さん第7話

セクシー田中さん第7話について。
今週末はベリーダンスが出てこない回なので、今までにベリーダンサーの心に刺さった名言集をまとめてみました。

1話
田中さんが朱里に言う言葉。
「だから、胸を張ろうと思ったの。曲がった背筋を何度も、何度でも伸ばそうと思ったの。」
「ベリーダンスが、魔法をかけてくれたんです。」

2話
田中さんが笙野に言う言葉。
「正解がないから迷うんです。自分がこう在りたい正解を自分で選び取るしかない。」
「自分の頭で考えて選んだ結論って、誰に何を言われても揺るがないじゃないですか。私は自分の頭で考えて、自分の足を地にしっかりつけて生きたかった。多分、だからベリーダンスなんです。」

個人練習をする田中さんが朱里に言う言葉。
「若い人の3倍努力すれば追いつける。10倍努力すれば追い越せる。」

3話
田中さんが朱里に言う言葉。
「胸を張ろうと決めたんです。誰に何を言われても、私にはベリーダンスがあるから、大丈夫です。」

4話
ベリーダンスを始めた朱里が進吾に言う言葉。
「けど、変わりたいって思ってる。」「少なくとも、私は前の私より今の私の方が好きなんだ。」

初舞台の朱里の心の呟き。
「下手くそだってリズム感なくたって、めちゃくちゃ楽しい。知らなかったなぁ。踊るってなんて自由なんだろう・・・・・」

田中さんの朱里に対しての言葉。
「少しでも、楽しいって思えるなら、私はベリーダンスを続けて欲しいです。」

5話
田中さんのお父さんの言葉。
「僕たちは上手に踊る京子を観に来たんじゃないんだよ。」
そしてお母さんの言葉。
「頑張って一生懸命練習して、逃げ出したいのに逃げ出さずここにいる、今日の京子を観に来たの。」

6話
愛子先生の踊りを見て田中さんが呟く言葉。
「人を惹きつけるのは、若さでも、美しさでもない。エネルギーだ。」
「技術と練習量に裏付けされたエネルギーは衰えを知らない。」

7話
進吾が朱里の踊りを見て小西に託した伝言。
「君の踊りはへっぽこだけど人を変える力がある。」

ご依頼
Farida Fahmy Folklore

一般社団法人日本ベリーダンス連盟ではファリダ・ファーミー氏よりFolkloreに関する翻訳の許可をいただき、ここに掲載する運びとなりました。

セクシー田中さん

一般社団法人日本ベリーダンス連盟では日本テレビ系新日曜ドラマ「セクシー田中さん」に協力。故・芦原妃名子先生が作品を通じて伝えてくれたベリーダンスへの思いを受け継いで発信いたします。

キーワード

Farida Fahmyセクシー田中さんメディア参考文献

各省庁からのお知らせ

2023.12.16
文化庁 令和5年度「ハラスメント防止対策支援事業」12/20申請開始
2023.12.7
文化庁よりインボイス制度について周知依頼が届きました
2023.9.27
東京芸術文化相談サポートセンターオープンのお知らせ
2023.3.19
財務省よりインボイス制度についてご案内
2023.1.27
令和5(2023)年度「東京芸術文化創造発信助成」(長期及び単年第1期)申請受付中です。

リンク

文化庁
経済産業省
アーツカウンシル東京
アートノト
芸団協

協賛企業

Farida Fahmy Folklore