一般社団法人
日本ベリーダンス連盟

コラム
2024.1.8

05 ムワシュシャハツトラクサ レダ舞踊団が作り上げたアンダルシア風ダンス

 

Article par Farida Fahmy©2010
www.faridafahmy.com
Original title: Muwashahat Raqisah 
Andalusian inspired dance developed by the Reda Troupe

 

 

「ムワッシャハという名前は、アンダルシアの女性が身に着けていたウィシャー (帯) にちなんでいると言われています。繊細な細工で宝石が散りばめられていると言われており、それは、ムワッシャハの複雑なメロディー、リズム、詩的な構造、そしてイメージにおいて引き起こされる意味に似ています。ムワッシャハのストロフィック(各節が同じ音楽)な歌詞は、詩人自身の考えや感情を直接表現しました。 歌詞は愛、喜び、悲しみを歌っていました。 比喩の使用により、この詩的な形式が豊かになりました。

 

ムワシュシャハトはムワシュシャという名前の複数形で、音楽と発声を含む詩的な形式をさします。 これは、10 世紀にスペインのイスラム教徒の中で生まれた洗練された音楽のジャンルです。これは、音楽のリフレイン(*音楽用語で“反復句”)へのロンド(輪舞曲)のような繰り返しを伴うストロフィックな詩として説明されています。「ムワッシャハという名前は、アンダルシアの女性が身に着けていたウィシャー (帯) にちなんでいると言われています。繊細な細工で宝石が散りばめられていると言われており、それは、ムワッシャハの複雑なメロディー、リズム、詩的な構造、そしてイメージにおいて引き起こされる意味に似ています。ムワッシャハのストロフィック(各節が同じ音楽)な歌詞は、詩人自身の考えや感情を直接表現しました。 歌詞は愛、喜び、悲しみを歌っていました。 比喩の使用により、この詩的な形式が豊かになりました。

 

1492年、50万人近くのアラブ人がイベリア半島から追放されました。 彼らは文化的伝統を持って北アフリカに移住しました。 ミュージシャンや歌手は、協定により、楽器、そして何千ものムワッシャハハトを含むさまざまな音楽のジャンルを遺産として持っていきました。 今日、ムワッシャハの古典的な形式は、モロッコ、チュニス、北アフリカのアルジェ、さらにはシリアやレバノンでも人気が続いています。 エジプトでは20世紀初頭まで流行し続けました。 楽譜が出現する前は、ムワッシャハの音楽的伝統は、ある世代の歌手から別の世代の歌手へと口頭で伝えられていました。 演奏の多くは時間の経過とともに失われていますが、書かれた詩の多くはアンダルシアやアラブ世界の一部のアーカイブに残っています。 20 世紀半ばまでに、数多くの音楽史家やムワシュシャシャット愛好家が、この音楽の伝統に残っているものを収集し、記録し、記譜することに長年の労力を費やしました。

 

レダ舞踊団のムワッシャハハト

 

1979年、アリ・レダはハマダ・マドクールの家で開催される音楽会に招待されました。マドクールはウード奏者で、プロではないですが、エジプト最高の一人でした。 そこでアリ・レダは、愛と喜びのためにムワッシャハハトを作詞、作曲、歌ったもう一人のプロではない才能ある作曲家、フアド・アブデル・マジッドの言葉を初めて聞きました。 (その後数年間、私たちの小さな家では音楽と歌に満ちた楽しい夜(会)がたくさん開かれました)。 アリ・レダは非常に感銘を受け、すぐにフアド・アブデル・マジドと協力して、レダ舞踊団が彼の音楽に合わせて演奏する公演を立ち上げることに決めました。

 

フアド・アブデル・マジッドの音楽

 

フアド・アブデル・マジドは、アンダルシアの伝統の形式と構造、叙情的なスタイルを忠実に守っていました。 彼の歌詞は古典的なアラビア語でありながら、シンプルでエレガントで表現力豊かなものでした。 彼の音楽は魅力的で、彼が使用したリズムは、マグレブ(地名)やレバント(地名)の現代の古典的なムワシシャットの伝統よりも複雑ではなかったです。 彼のレパートリーには、多種多様な音楽作品がたくさん含まれていました。 8 曲のムワシシャトを選んだ後、アリ・レダは、有名な作曲家兼指揮者であるアブデルハリームヌウラに、フル・オーケストラ用に曲を編曲するよう依頼しました。 オーケストラ用に編曲することにおいて、ヌイラは西洋楽器とエジプト楽器の両方をブレンドし、アブデル・マグド作品の本質と固有の特徴を兼ね備えたモダンでエレガントなバージョンを表現しました。 音楽アレンジの過程で、マフムード・レダと私は両方とも音楽の作業用テープを聴かせてもらいましたが、それは確かにインスピレーションとモチベーションを与えてくれました。

 

マフムード・レダの振付

 

ミュージカルの作曲家や編曲家とは異なり、マフムード・レダには振り付けの参考にするものがありませんでした。 女性の詩人、音楽家、ダンサーがたくさんいたことは記録されていますが、彼女たちがどのように踊ったかについてはまったく資料がありません。 ムワッシャハがダンスのショーとして上演されたのはこれが初めてでした。これらのダンスにおいて、彼は特定の参照やダンスの伝統に制限されませんでした。 これにより、彼はより幅広い動きと振り付けの可能性を得ることができました。 マフムード・レダは、振り付けにおいて、芸術的想像力と音楽からどのようにインスピレーションを受けたか、そして長年蓄積してきた動きのボキャブラリーの専門知識と豊富なレパートリーに頼りました。

 

さまざまなリズミカルなパターンと付随する歌詞のストロフィックな性質を備えたこのジャンルの音楽形式は、彼の動きの組み合わせと空間デザインの選択に影響を与えました。 それは彼に振付師として自分自身を表現するための新しい基盤を与えました。 彼は、ダンサーたちが踊る音楽をどのように最もよく表現するかを視覚化しました。 マフムード・レダは、芸術家として、またエジプト舞踊の原動力として、すべての作品において、常に中東、特にエジプト人の美学、気質、文化規範を遵守していました。彼は、またしても、上品で、優雅で、流れるような動きを包含する新しいジャンルのダンスを発明しました。これは、彼の幅広いジャンルやスタイルのレパートリーに新しく革新的な追加となりました。

 

ムワッシャハハトの衣装のデザイン

 

これらのダンスの衣装デザインは、これまでに見たことのない斬新なカットとデザインでした。私は衣装がどのようなものになるべきかは漠然とわかっていました。ムワシシャットは時代を超えた音楽遺産であるため、特定の時代や特定の地域に準拠することなく、デザインのプロセスにおいて多くのことが自由でした。音楽を聴きながらスケッチするのはとても刺激的でした。もう 1 つの重要な要素は、ダンスのリハーサルがデザイン プロセスと同時に行われていたことです。振り付けが進化していく中で動きやステップを練習することで、どのようなデザインが各ムワッシャーの気分に最も適しているかを想像するのに役立ちました。各デザインのカットとアウトラインが動きをさらに強調しました。デザインには、サラウィル単称のシルワル(ボリュームのあるズボン)、チョッキ、アバヤット単称アバヤ(床までの長さの流れるローブ)、さまざまなヘッドピースやヒップバンドが含まれていました。 色はコントラストがあるか、調和のとれた色合いで設定しました。 音楽やダンスが呼び起こす雰囲気に応じて、一部のデザインではパステルカラーが選択され、他のデザインではビビットな色が選択されました。 トータルバランスを常に意識することが大切でした。

 

音楽衣装と振り付けの組み合わせにより、これまでにない斬新な演出が生まれました。 エジプトのテレビでの放送はエジプトとアラブ世界で大成功を収め、長年にわたり繰り返し放送されました。 いくつかのダンス作品は後にステージで披露され、増え続けるレパートリーの一部となりました。

 

 

<この記事について>
この記事は、より広範なダンス コミュニティ向けに公開されているリソースです。
この記事を参照したい方は、当連盟までご連絡ください。

 

<翻訳>
Farida Fahmyの許可を得て、Izumi (https://japanbellydance.com/dancer/izumi/)が翻訳
(Translated by Izumi with permission from Farida Fahmy)

 

Article Farida Fahmy www.faridafahmy.com
Images Mahmoud Reda – personal archives
Design/web Keti Sharif www.ketisharif.com
For more articles, visit Farida’s website or join her Facebook Fan page https://www.facebook.com/FaridaFahmy

ご依頼
Farida Fahmy Folklore

一般社団法人日本ベリーダンス連盟ではファリダ・ファーミー氏よりFolkloreに関する翻訳の許可をいただき、ここに掲載する運びとなりました。

セクシー田中さん

一般社団法人日本ベリーダンス連盟では日本テレビ系新日曜ドラマ「セクシー田中さん」に協力。故・芦原妃名子先生が作品を通じて伝えてくれたベリーダンスへの思いを受け継いで発信いたします。

キーワード

Farida Fahmyセクシー田中さんメディア参考文献

各省庁からのお知らせ

2023.12.16
文化庁 令和5年度「ハラスメント防止対策支援事業」12/20申請開始
2023.12.7
文化庁よりインボイス制度について周知依頼が届きました
2023.9.27
東京芸術文化相談サポートセンターオープンのお知らせ
2023.3.19
財務省よりインボイス制度についてご案内
2023.1.27
令和5(2023)年度「東京芸術文化創造発信助成」(長期及び単年第1期)申請受付中です。

リンク

文化庁
経済産業省
アーツカウンシル東京
アートノト
芸団協

協賛企業

Farida Fahmy Folklore